トップ / 自動車には色々な税金がかかる

自動車にかかる税金

自動車には色々な税金がかかる

自動車にかかる様々な税金

自動車には様々な税金がかかります。まず購入するときに消費税や取得税がかかります。取得税は贅沢税とも言われる時代遅れのものですが、消費税が10%にアップすることで軽減、廃止が期待されています。また、自動車税が毎年かかるほか、重量税が新車から3年目、それ以降は2年ごと(車検ごと)にかかります。さらに普段あまり意識することがないかもしれませんが、ガソリンにも税金がかけられています。揮発油税及び地方揮発油税が現在1 リットル当たり53.8円かかっています。その上に消費税がかけられており、二重課税との指摘もあります。

車にかかる様々な税金

自動車ほど、様々な税金が発生する商品はほかにありません。購入する際には、消費税のほかに取得税がかかります。また、購入後も重量税などの税が定期的に発生します。さらにガソリンを給油するときには、揮発油税及び地方揮発油税がかかります。これらの税金は道路の整備や高速道路の維持のために使われるとされていますが、違うものに使われている可能性や二重課税の問題など、様々な問題をはらんでいるとの指摘もあります。このような自動車の維持費が高いことから、クルマを所有しない人も都心部を中心に増えています。必要なときにレンタカーやカーシェアなどを利用できるので十分と考えるようです。

↑PAGE TOP