トップ / 自動車エンジンと保険と税金

自動車エンジンの事

自動車エンジンと保険と税金

自動車のエンジンの種類

自動車の動力源があり、そこからミッションやドライブシャフトを通じてタイヤを回転させて進むことができます。動力源のエンジンにはいくつか種類があり大きくガソリン、ディーゼルと燃料の違いがあります。ガソリンは乗用車にディーゼルは大型車によく使用されています。自動車のエンジンは型式や排気量によって性能が変わってきます。レシプロ型やロータリーなどの種類がありますが、一般的にはレシプロ型が多く吸気バルブから混合気を吸い込み、燃焼して排気バルブから排気ガスを排出する方法で、その内部の容量によって排気量が変わってくるのです。

エンジンの大きさと税金の関係

自動車の維持には、走行に応じて必要な燃料費のほか、保険や税金が必要です。税金の額はエンジンの排気量で決まるので、排気量が大きい車ほど毎年の維持費も大きくなります。税率は、排気量の設計地で決まるため、例えば2500CCまでの車と2501CC以上では年税額がかわるため、国産車の場合、2500CCエンジンといった場合は2498CCなど、少し小さく抑えられているのが一般的です。反対に、輸入車では、日本固有の問題である税金の額への配慮がなく、自動車の販売にあたって実際より小さい数値を表示することがないように、2500CCといった場合は2500CC以上、2501CCの排気量などがあるのが特徴です。

↑PAGE TOP